イソフラボンの育毛効果とは?

イソフラボンの育毛効果とは?女性ホルモンの減少が薄毛の原因!?

 

大豆に含まれるイソフラボンには育毛の効果があるのではと注目されています。

 

 

「イソフラボンは体にいいから、特に女性は積極的に摂取した方がいい」ということを耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

最近はイソフラボン配合の化粧品などもよく目にするようになりましたが、実は育毛にも効果があるということ言われています。

 

身近な食品で十分に補えるのなら、試してみない手はないですよね。

 

ここでは、イソフラボンは毛髪の成長にどのように作用するのか、効果的な摂取の仕方、注意点などを解説します。

 

イソフラボンとは?

 

イソフラボンは、納豆、豆腐をはじめとする大豆製品に多く含まれている成分です。

 

日本人の食生活では、朝ごはんに白ご飯と納豆、味噌汁など、大豆製品が比較的多く取り入れられており、摂取しやすい成分だと言えます。

 

イソフラボンはポリフェノールの一種で、特に女性にはうれしい様々な効果が期待できます。

 

それは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと化学構造が似ており、エストロゲンに似た作用をするとされているからです。

 

イソフラボンに期待できる効果

 

イソフラボンの摂取により期待できるとされている主な効果は、以下のようはものだと言われています。

 

  • 骨粗しょう症の予防  
  • 更年期障害の緩和  
  • がん予防  
  • 肥満予防
  • 老化防止(肌も含む)  
  • アレルギー抑制  
  • コレステロール値上昇の抑制
  • 血流改善  
  • 生活習慣病予防
  • その他

 

更年期障害や、肌のシミやたるみは、歳を重ねるにつれて女性ホルモンが減少していくのが主な原因で発生します。

 

そのため、女性ホルモン・エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを補うことで、こうした症状を緩和できるというわけです。

 

実は、女性の薄毛の原因も、女性ホルモンの減少が大きく関係しています。

 

つまり、イソフラボンを摂取し女性ホルモンを補うことで、薄毛の解消も期待できるわけです。

 

イソフラボンで育毛!何がどう効く?

 

イソフラボンの効能として注目を集めているのが育毛への効果です。

 

イソフラボンには5αリダクターゼ抑制効果がある!

男性だけでなく、女性にも増えてきている男性型脱毛症(AGA、女性の場合は女性男性型脱毛症(FAGA))と呼ばれます。

 

これは男性ホルモン・テストステロンが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変換され、毛母細胞が攻撃されることで発生します。

 

イソフラボンは、DHTを発生させる原因酵素となる5αリダクターゼを抑制する作用があるということが、科学的にも証明されています。

 

5αリダクターゼを抑制する薬はいくつかありますが、薬なので当然副作用の心配も出てきます。

 

しかし、イソフラボンは大豆という自然のものから取れるものであるため、1日の摂取目安量を守って摂取している分には、特に副作用の心配はありません。

 

副作用を心配することなく育毛できるというのはうれしいですよね。

 

サプリメントや育毛剤なども併用して、健康な髪の毛作りをしていくと良いでしょう。

 

大豆の良質なタンパク質は髪の毛にも◎

イソフラボンが豊富な大豆には良質なたんぱく質が含まれています。

 

髪の毛はケラチンというタンパク質で構成されています。タンパク質が不足すれば当然健康な髪の毛も作れなくなってしまいます。

 

“畑の肉”とも呼ばれる大豆以外に、肉や魚、乳製品などのタンパク質がありますが、これらの食材と、野菜や果物などもバランス良く摂取することで抜け毛を予防できるはずです。

 

イソフラボン摂取時の注意点

 

イソフラボン摂取時の注意点を紹介します。

 

イソフラボン過剰摂取で月経不順のリスクも

どんな食べ物・飲み物にも共通して言えることですが、たとえ体に良いとされるものでも、摂取のしすぎは良くありません。

 

イソフラボンの場合、摂取しすぎるとホルモンバランスが乱れて、月経がある女性では月経不順になるなどの可能性が指摘されています。

 

まだはっきりとは証明されていませんが、乳がんや子宮がんの発症のリスクなども懸念されています。

 

大豆食品を良質なタンパク源として長年摂取してきた日本人ですが、イソフラボンの有害な影響が実際に報告されたことはないようです。

 

必要以上に心配することはありませんが、偏った食事は体にも良くないので、大豆製品を含め、様々な食材をバランス良く摂るようにしましょう。

 

イソフラボンは1日70〜75mgを目安に

イソフラボンの1日の摂取目安量の上限は70〜75mg、特定保健用食品やサプリメントなど、食事以外から補う場合の上限は30mgとされています。

 

味噌20gで約10mg、木綿豆腐1丁で約70mg、納豆1パック(50g)で約37mgなどとなっていますので、大豆製品ばかり食べ続けるなど、よほどのことをしない限りは過剰摂取になることはないでしょう。

 

現在心配されているのは、過剰摂取よりも不足です。

 

昔ながらの和食中心の食生活であれば、イソフラボンが不足する心配もほとんどないかと思いますが、洋食文化が定着してきている今、不足する可能性もないとは言えません。

 

イソフラボンが不足しないようにすることも心がけるようにしましょう。

 

まとめ

 

イソフラボンの育毛効果について解説しましたが、いかがでしょうか?

 

イソフラボンだけで育毛しようとすると難しいですが、特に女性の体においてはうれしい作用をもたらしてくれる成分ですから、適量を摂取するのは良いことだと言えます。

 

過剰摂取でのリスクも懸念されていますが、洋食を食べることが多くなった現代の食生活では、イソフラボンが不足しないように注意した方が良いでしょう。

 

様々な効果が期待できるイソフラボン、毎日の食事から美味しく摂取していけると良いですね。

 

関連ページ

女性の育毛
女性の育毛について解説します。
育毛に有効な栄養素
育毛に有効な栄養素について紹介します。
女性の抜け毛を予防するシャンプー方法!おすすめの洗い方と成分は?
女性の抜け毛を予防するシャンプー方法と、おすすめの洗い方や成分について解説します。
抜け毛・薄毛対策にはサプリメントもおすすめ!女性の為の育毛サプリ
女性の抜け毛・薄毛対策には女性用育毛サプリメンがおすすめです。ト
男性用の育毛剤と女性用の育毛剤の違いは?成分と作用のメカニズム
男性用の育毛剤と女性用の育毛剤の違いについて解説します。
正しい使い方で浸透力アップ!女性用育毛剤の効果をアップする方法
正しい使い方で浸透力アップし女性用育毛剤の効果をアップする方法を解説します。
自宅でヘッドスパ!育毛の為のマッサージに効果は?やり方は?
自宅で行うヘッドスパの育毛効果ややり方について解説します。
湯シャンの効果と正しいやり方!育毛に効果あり?
湯シャンに疑問を持つ方も多いと思います。そこで今回は、湯シャンの効果や正しい湯シャンの方法など解説していきます。
アロエで抜け毛予防!育毛効果も期待できる!
アロエには具体的にどのような抜け毛の予防効果があるのか、アロエを使った育毛剤の作り方などを解説します。
昆布の育毛効果とは?海藻食べて薄毛知らず!?
昔から「髪の毛の育毛には「わかめ」や「昆布」が良い」とよく言われます。最近は育毛剤にも海藻の成分が配合されていることがありますが、一体どういった成分が育毛に効果的で、どのように作用するものなのでしょうか。気になる海藻、とりわけ昆布の育毛への効果を具体的に解説します。