女性用育毛剤の効果をアップする方法

正しい使い方で浸透力アップ!女性用育毛剤の効果をアップする方法

 

薄毛の解消に優れたた効果を発揮する育毛剤。

 

しかし、頭皮の環境や体質が悪化していると、十分な作用を期待できないケースもあるようです。

 

育毛剤の効果をフルに活用するためには、どのような点に注意すればいいのか?。

 

どうすればより深く、育毛剤の有効成分を浸透させることができるのか?。

 

大切なポイントを確認しておきましょう。

 

ホルモンバランスの改善

 

女性の薄毛は、ホルモンバランスの悪化に起因する場合が少なくありません。

 

妊娠や出産、加齢、更年期障害、さらには生理やストレスなど、全てホルモンの分泌量に影響します。

 

頭皮から育毛剤でアプローチしても、発毛を促進する女性ホルモンの働きが十分に機能していなければ、効果的な薄毛対策は難しいと考えてください。

 

育毛剤を使用する場合は、並行してホルモンバランスの改善にも取り組み、体の外側と内側、両方から働きかけてみましょう。

 

医療機関を受診して、ホルモン剤(ピルなど)処方してもらうのもおすすめ。

 

医薬品(飲み薬)によって劇的に抜け毛が減る例は少なくないようです。

 

※ただし内服薬は市販されていません。必ず医師の処方が必要です。

 

頭皮の環境を清潔に保つ

 

育毛剤を頭皮の奥にまで浸透させるには、皮膚(特に毛穴)を清潔にしておく必要があります。

 

皮脂やフケなどの汚れが詰まっていると、育毛剤の有効成分を頭皮の内部に届けることができません。

 

脂性の方は「詰まりの除去」を目的として、こまめな洗髪を心がけましょう。

 

よく「髪は洗いすぎるとハゲる」、「シャンプーで薄毛が進行する」などといいますが、1日1回程度の洗髪ならまず問題なし。

 

毎日洗っても抜け毛が増えることはありません。

 

ただ、フケや抜け毛が気になるからといって、1日に何度も洗髪するのはNG。

 

「洗いすぎ」は頭皮を傷めてしまいます。

 

洗髪は1日1回、夏場でも2回くらいで十分です。

 

参考:正しいシャンプー方法!抜け毛予防は毎日のヘアケアから
参考:女性の抜け毛を予防するシャンプー方法!おすすめの洗い方と成分は?

 

乾燥予防に取り組む

 

慢性的に乾燥肌の状態にある方は、頭皮の乾燥にも注意してみましょう。

 

育毛剤を頭皮に浸透させるためには、適度な潤いが必要です。

 

頭皮の潤いを保つのは、毛穴から分泌される皮脂の役目。薄毛対策の大敵とされる皮脂ですが、適度な分泌はむしろ欠かせません。

 

皮脂が問題になるのは、「詰まり」や「過剰分泌」。丁寧に洗髪すれば、いずれも予防できます。

 

頭皮に痒みがある場合や、フケが多い場合は、洗いすぎて「皮脂不足」に陥っているのかも。またはシャンプーの洗浄力が強すぎるのかもしれません。

 

洗髪の回数や使用するシャンプーなど見直してみましょう。

 

保湿成分を多く含むシャンプー、子供向けの低刺激なシャンプーなどがおすすめです。

 

 

炎症の改善

 

敏感肌の方やアトピー体質の方は、頭皮に炎症の起きているケースが多いようです。

 

かゆみや赤み、湿疹など見られる場合は、まずその治療から取り組みましょう。

 

病院で処方される抗炎症薬(塗り薬)を使用すれば、比較的短期間で症状は治まるはず。

 

ただし、炎症の原因として育毛剤や育毛シャンプーが作用している場合もあるので、肌に合わない(炎症が治まらない)ときは使用を控えてください。

 

特に血行の促進に特化した育毛剤、洗浄力の強いシャンプーには注意が必要です。有効成分が刺激物となっているケースがあります。

 

敏感肌・アトピー体質の方は、低刺激な育毛アイテムを厳選して使用しましょう。

 

 

冷えの症状を解消する

 

抜け毛が増える原因の一つに、「冷えの症状」による血行不良が挙げられます。

 

冷え性の方は、薄毛対策と並行して「冷えの改善」にも取り組んでみましょう。

 

冷え性の主な原因は、後ほど述べる「生活習慣」。特に食生活や運動不足などが深く関係しています。

 

また、飲酒や喫煙は控えて、できる限りストレスのない生活を心がけましょう。

 

  • ちょっとした心がけとしては、
  • お風呂はシャワーでなく湯船に浸かる(特に冬場)
  • 水分は常温で摂る(または温かい飲み物を多く摂る)
  • 夏場は冷房を効かせ過ぎない
  • サプリメントや野菜・果物などからビタミン類を積極的に摂取する

 

以上のようなポイントが挙げられます。

 

血行を促進するタイプの育毛剤、ヘアトニックなど使用するのもおすすめ。またはマッサージで血行を促すのも良いでしょう。

 

頭皮にピンポイントで効果を期待できます。

 

生活習慣の見直し

 

薄毛の多くは誤った生活習慣によって悪化することが分っています。

 

さらに言えば、ホルモンバランスの悪化、冷えの症状など、薄毛の要因を複合的に引き起こすのも、日頃の生活習慣に他なりません。

 

逆に考えると、生活習慣を改善することで、様々な薄毛のリスクを解消できるわけです。

 

健やかな生活の基本は、食事、運動、睡眠。

 

すなわち・・・。

  • 栄養バランスに配慮した食事
  • 十分な睡眠時間の確保
  • 適度な運動

以上の3点です。

 

さらに、飲酒や喫煙を控えて「規則正しい生活」を実現できれば文句なし。いきなり全ての条件を満たす必要はありません。

 

まずはこのうちのどれか一つ、最も手軽に実践できそうなものから始めてみましょう。

 

健康的な生活を習慣化できれば、相乗効果で育毛剤にもより優れた作用を期待できます。

 

中には育毛剤が不要になるレベルで、劇的に薄毛が解消するケースも。1週間〜1ヶ月という「期間限定」の取り組みでも構いません。

 

明日からぜひ生活習慣の見直しに取り組んでみましょう。

 

 

「医薬品」を選ぶ

 

市販の育毛剤は、化粧品、医薬部外品、医薬品という3種類に分類されています。

 

このうち最も効果を期待できるのは、法律上「薬」として扱われる医薬品。発毛成分がより高濃度で配合されています。

 

例えば育毛成分「ミノキシジル」など、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

「医薬部外品の育毛剤を使用しているのに効果を実感できない」という場合には、医薬品タイプの育毛剤に切り替えてみるのもおすすめ。

 

医薬品として認められるのは、科学的に発毛効果を確認された育毛剤のみですから、いわば国のお墨付き。

 

効果に個人差はあるにしても、市販されている育毛アイテムの中では最も効き目の強い商品です。

 

ただし、同じ医薬品でも作用のメカニズムや配合されている有効成分は異なります。

 

購入の際は事前に使用者の体験談、レビュー、用法・用量、さらに副作用などよく確認して、安全・的確な使用を心がけましょう。

 

医療機関を受診する

 

病院では内服薬(飲み薬)も含めて、より効果の高い育毛剤が処方されています。

 

「市販の育毛剤を使ってみたけど効かない」という方は、医療機関を受診して、医師の処方を受けましょう。

 

さらに、医師の診断により薄毛の原因を特定できれば、効果的な有効成分、改善すべき生活習慣、体質なども把握できます。

 

薄毛解消に向けて総合的なアプローチが可能になるので、受診だけでも検討してみましょう。

 

最近では女性の薄毛を専門に治療する医師、病院も増えています。

 

女医さんも少なくありませんから、「恥ずかしい」と敬遠せずに通院を始めてみてはいかがでしょうか。

 

医療機関についても、ネット上で口コミ、体験談などがまとめられています。

 

ランキングサイト、比較サイト、SNS、ブログの体験談などチェックして、腕の良いお医者さんを探してみてください。

 

関連ページ

女性の育毛
女性の育毛について解説します。
育毛に有効な栄養素
育毛に有効な栄養素について紹介します。
女性の抜け毛を予防するシャンプー方法!おすすめの洗い方と成分は?
女性の抜け毛を予防するシャンプー方法と、おすすめの洗い方や成分について解説します。
抜け毛・薄毛対策にはサプリメントもおすすめ!女性の為の育毛サプリ
女性の抜け毛・薄毛対策には女性用育毛サプリメンがおすすめです。ト
男性用の育毛剤と女性用の育毛剤の違いは?成分と作用のメカニズム
男性用の育毛剤と女性用の育毛剤の違いについて解説します。
自宅でヘッドスパ!育毛の為のマッサージに効果は?やり方は?
自宅で行うヘッドスパの育毛効果ややり方について解説します。
湯シャンの効果と正しいやり方!育毛に効果あり?
湯シャンに疑問を持つ方も多いと思います。そこで今回は、湯シャンの効果や正しい湯シャンの方法など解説していきます。
アロエで抜け毛予防!育毛効果も期待できる!
アロエには具体的にどのような抜け毛の予防効果があるのか、アロエを使った育毛剤の作り方などを解説します。
昆布の育毛効果とは?海藻食べて薄毛知らず!?
昔から「髪の毛の育毛には「わかめ」や「昆布」が良い」とよく言われます。最近は育毛剤にも海藻の成分が配合されていることがありますが、一体どういった成分が育毛に効果的で、どのように作用するものなのでしょうか。気になる海藻、とりわけ昆布の育毛への効果を具体的に解説します。
イソフラボンの育毛効果とは?女性ホルモンの減少が薄毛の原因!?
大豆に含まれるイソフラボンには育毛の効果があるのではと注目されています。「イソフラボンは体にいいから、特に女性は積極的に摂取した方がいい」ということを耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、イソフラボンは毛髪の成長にどのように作用するのか、効果的な摂取の仕方、注意点などを解説します。