男性用の育毛剤と女性用の育毛剤の違い

男性用の育毛剤と女性用の育毛剤の違いは?成分と作用のメカニズム

 

男性と女性は、薄毛の原因に異なる要素があります。

 

 

厳密に言うと、共通する部分もあるのですが、薄毛を誘発する「傾向」には違いも見られます。

 

育毛剤はその原因に作用する「有効成分」が効果を左右します。

 

したがって、男性用と女性用の育毛剤には、配合されている成分に違いが見られます。

 

 

男性に薄毛が多い理由は?

 

薄毛の要因としては、男女ともに「ホルモンの働き」が挙げられます。

 

男性は女性よりも「男性ホルモン」の分泌量が多いため、女性よりも「薄毛になりやすい」と考えられています。

 

その典型例は「男性型脱毛症」=「AGA」。

 

前頭部から始まる薄毛は男性ホルモンの影響によるところが大きく、女性にはほとんど見られません。

 

実際にAGAの治療には、男性ホルモンの働きを抑制する薬が処方されています。

 

 

女性の薄毛は老化や生活習慣の影響によるところが大きい

 

一方で、女性の薄毛は頭頂部を中心として、徐々に頭髪全体が薄くなるケースが多いようです。

 

その原因は主に老化(ホルモンバランスの変化)や生活習慣の乱れ。

 

どちらも毛根への栄養不足を招くため、抜け毛が増えるだけでなく、頭髪が痩せる(細くなる)例が多く見られます。

 

もう一つ、女性の薄毛を招く原因としては妊娠・出産が挙げられます。

 

産後は特に抜け毛が増えやすく、あわせて体質・体調の変化を経験する女性が多いようです。

 

ただし、薄毛も含め症状の多くは一時的なもので、ある程度の時間が経過すれば自然に治まります。

 

 

男性用と女性用の育毛剤を比較すると何が違う?

 

以上のような理由から、男性用と女性用の育毛剤は配合されている成分が異なります。

 

具体的に言うと、

男性用の育毛剤 → 男性ホルモンの働きを抑える成分が多く含まれている

女性用の育毛剤 → 栄養不足や乾燥を改善する成分が多く含まれている

以上のような違いが見られます。

 

しかし両者ともに、栄養を補ったり血行を促進したり、作用に似た部分がないわけではありません。

 

有効成分の種類や配合量は各商品によって違いますから、「男性に効きやすい育毛剤」もあれば「女性に効きやすい育毛剤」もありますし、「男女両方に効く育毛剤」もあります。

 

女性用育毛剤のおすすめ

 

男性用の育毛剤は「分りやすい」。女性用の育毛剤は「優しい」

 

もう一つ、男女の育毛剤に見られる違いとして「使用感」が挙げられます。

 

一般に男性は育毛剤や化粧品などに対して「分りやすい」効果を求める傾向があります。

 

例えば、使用後の爽快感、刺激、匂い、商品のキャッチコピーなど、より印象的な商品に人気が集まります。

 

一方で女性用の育毛剤は、使用感の軽いものが多く、「自然由来」や「天然成分」、「オーガニック」といったコンセプトで人気を集めています。

 

香りや刺激は控えめで、無色透明、水のようにサラリとした使用感が一般的。

 

何となく上品で優しいイメージですね。

 

 

女性の薄毛は年齢層によって原因・対策が違う?

 

性別に加えて、女性の薄毛は「年齢」によっても原因が異なります。

 

例えば、20代〜30代の女性に多く見られるのは「生活習慣の乱れ」による薄毛。

 

過度なダイエットによる「栄養不足」がその典型です。

 

40代〜50代にかけて徐々に増えるのが「ホルモンバランスの乱れ」によって引き起こされる薄毛。

 

妊娠・出産の高齢がが進み、産後の薄毛(産後型脱毛症)を発症する女性が増えています。

 

さらに「更年期障害」や「月経前症候群」(PMS)などを併発しているケースもあり、薄毛対策は医療機関での「治療」が一般化しつつあります。

 

 

男性は「皮脂」、女性は「貧血」にも注意

 

男性用の育毛剤には、皮脂を分解する成分や抗菌成分なども多く含まれています。

 

男性の頭皮は男性ホルモンの作用で、皮脂が過剰に分泌されることが多く、しばしばフケや痒みといった症状を伴います。

 

ですから、皮脂や皮脂をエサにして増える菌をターゲットにすることで、効果的に薄毛対策を実施できます。

 

対して女性用の育毛剤には血行を促す成分が豊富に含まれています。

 

特に更年期以降は、加齢による影響で乾燥や血行不良が慢性化している方が多く、「頭皮の血液不足」が「頭髪の栄養不足」を招く事例がよく見られます。

 

毛髪は、タンパク質の一種である「ケラチン」という成分でできています。

 

ケラチンの合成には鉄が必要で、頭髪に鉄を供給するのは血液の役目。しかし貧血が慢性化すると毛髪に鉄が行き届かず、抜けやすく痩せた髪になってしまいます。

 

さらに頭皮も貧血のせいで乾燥しやすくなると、皮膚のバリア機能が低下。皮脂の分泌量も減少し、フケの大量発生を招く恐れがあります。

 

これが女性に多い粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)発生のメカニズムです。

 

女性用の育毛剤はどこで買える?おすすめの選び方や買い方

 

男性の育毛剤と比較して、女性用の育毛剤はそれほど多くありません。

 

最近になってようやくドラッグストア、スーパーなどでも見かけるようになりましたが、品数は男性用の育毛剤に遠く及ばないようですね。

 

また、薄毛はデリケートな悩みですから、購入に抵抗を覚える方も少なくありません。

 

女性向けの育毛剤が手に入らない…
買いたいけど恥ずかしい…

 

そんな場合は楽天やAmazonなどの通販サイトを利用してみましょう。

 

ネットを活用すれば女性向けの育毛アイテムも簡単に見つかりますし、誰にも会うことなく、しかも安価に購入可能です。

 

有効成分が高濃度に配合されている「医薬品」タイプの育毛剤も買えますし、輸入代行サービスを利用すれば国内で市販されていない育毛剤、薄毛用の飲み薬なども購入できます。(ただし安全性の観点から海外の育毛剤はあまりおすすめできませんが…)

 

通販サイトを利用する場合は、購入に際して店員さんや薬剤師さんからアドバイス、説明などしてもらうことができません。

 

事前の情報収集はきっちり行いましょう。

 

当サイトのようなハウツー記事でプロが推奨している育毛剤を購入するのも良いですし、ランキングサイトや比較サイトなど参考にするのもおすすめ。

 

または通販サイトのレビュー、ブログの体験談などチェックしてみてください。

 

市販の女性用育毛剤に含まれている成分

 

最後に、女性用育毛剤に含有されている有効成分を確認しておきましょう。

 

特に人気なのは以下の成分。

 

それぞれ効果・作用が異なるので、自身の症状(薄毛の原因)に応じて、最も効果を期待できる成分を選びましょう。

 

女性ホルモンの働きを助ける成分

カンゾウエキス、ヨモギエキス、オトギリソウエキス、クララエキス、フラボステロンなど

 

男性ホルモンの働きを抑える成分

亜鉛、チョウジ、ノコギリヤシ、キャピキシル、オウゴンリキッドなど

 

保湿効果に優れた成分

ヒアルロン酸、コラーゲン、トレハーロース、エラスチン、セラミド、プラセンタ、ヘチマエキス、ベニバナエキスなど

 

抗菌作用(フケ予防)に優れた成分

イソプロピルメチルフェノール、ヒノキチオール、ペパーミント、チョウジ、ウイキョウなど

 

抗酸化作用(皮脂の詰まり予防)に優れた成分

ビタミン類、ヨーロッパブナエキス、アセロラエキス、リコピン、ポリ乳酸、カテキン、プロシニアジン、アスコルビン酸、ザクロエキス、コエンザイムQ10、シラカバ樹皮エキスなど

 

関連ページ

女性の育毛
女性の育毛について解説します。
育毛に有効な栄養素
育毛に有効な栄養素について紹介します。
女性の抜け毛を予防するシャンプー方法!おすすめの洗い方と成分は?
女性の抜け毛を予防するシャンプー方法と、おすすめの洗い方や成分について解説します。
抜け毛・薄毛対策にはサプリメントもおすすめ!女性の為の育毛サプリ
女性の抜け毛・薄毛対策には女性用育毛サプリメンがおすすめです。ト
正しい使い方で浸透力アップ!女性用育毛剤の効果をアップする方法
正しい使い方で浸透力アップし女性用育毛剤の効果をアップする方法を解説します。
自宅でヘッドスパ!育毛の為のマッサージに効果は?やり方は?
自宅で行うヘッドスパの育毛効果ややり方について解説します。
湯シャンの効果と正しいやり方!育毛に効果あり?
湯シャンに疑問を持つ方も多いと思います。そこで今回は、湯シャンの効果や正しい湯シャンの方法など解説していきます。
アロエで抜け毛予防!育毛効果も期待できる!
アロエには具体的にどのような抜け毛の予防効果があるのか、アロエを使った育毛剤の作り方などを解説します。
昆布の育毛効果とは?海藻食べて薄毛知らず!?
昔から「髪の毛の育毛には「わかめ」や「昆布」が良い」とよく言われます。最近は育毛剤にも海藻の成分が配合されていることがありますが、一体どういった成分が育毛に効果的で、どのように作用するものなのでしょうか。気になる海藻、とりわけ昆布の育毛への効果を具体的に解説します。
イソフラボンの育毛効果とは?女性ホルモンの減少が薄毛の原因!?
大豆に含まれるイソフラボンには育毛の効果があるのではと注目されています。「イソフラボンは体にいいから、特に女性は積極的に摂取した方がいい」ということを耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、イソフラボンは毛髪の成長にどのように作用するのか、効果的な摂取の仕方、注意点などを解説します。